Skip to content

眼瞼下垂の手術は美容クリニックへ

眼瞼下垂とは、まぶたが垂れ下がってきてしまう症状です。視界が著しく狭まってしまう場合などは、保険適用の治療となる病気であり、形成外科や眼科などで、手術を受けることが出来ます。ここで行う手術とは、まぶたを垂れさせる原因となっている眼瞼挙筋を取り除き、まぶたを上に吊り上げるというものです。当然、目が二重になったり、見た目が変わり事が多くなります。

実は意外と知られていませんが、美容クリニックでも眼瞼下垂の手術は可能です。上にも述べたとおり、眼瞼下垂手術は顔の見た目を変えてしまうものです。形成外科は、そもそも審美性について取り扱っている診療科目ではありません。あくまで症状の改善のために手術を行います。

もちろん、仕上がりの見た目についても不自然にならないよう施術を行いますが、本来そういった科ではないため、審美面での技術や経験が豊富でない場合があります。美容クリニックは、外見や見た目の仕上がりについて豊富な技術と実績を持っています。眼瞼下垂の手術においても、まず「どういう見た目に仕上げるか」ということを、カウンセリングを行いながら決定していくのです。眼瞼下垂の手術は、生活に支障をきたさないよう視界を拡げることも目的としたものです。

しかし、結果的に見た目が変わってしまう以上、不自然な仕上がりや、当人にとって違和感のある見た目になることは防ぎたいものです。審美面についても納得のいく結果を求めるのであれば、美容クリニックへの相談をおすすめします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *